ワーホリで働く日本人の現実!安く使われる

この記事は3分で読めます

ゴールドコーストに行って
ワーキングホリディ−ビザで来ている多くの日本人関わりました。

オーストラリアでは、
働く多くの日本人はジャパニーズレストランで働きます。

それは、英語力の問題で
ローカル(地元)の仕事に就きづらい現状があるからです。

能力がないから仕方がない。と

あなたは思うかもしれませんが、

実際、税金も払わず、会社所属していない状況で
低賃金で働かされている日本人をみると考えるものがあります。

日本人が安い労働力として扱われてるんです。

聞いていた話でしたが、実際に
目で見、体験すると衝撃です。

働き口がないから安い給料で働くわけです。

ここで僕が考えたいのは

これって、海外だからってだけで
日本国に居たら起きないことなんですかね?

僕は、今後は日本国でもそうなっていくと確信してます。

詳しくは次回お話します。

働く口がないから、したくない仕事をする
英語の勉強で来ていたはずなのに
お金がなく、ジャパレス(ジャパニーズレストラン)で働いて
なんの為にワーホリに来たのか
わかんなくなってる子も見かけました。

そうならない為に
自分で自分自身を守る為に

お金は必要なんです。
稼がないといけないんです。

て、語ってる僕自身も
お金持ちって訳ではないので
偉そうなことは言えませんが。

あなたより、一歩先を行っている。
立場からお話できたらな。と思います。

ところで
あなたさんは、 「自由なお金持ち」 この言葉にどんな印象を受けましたか?

自由なお金持ちという言葉を簡単に分解して意味を考えてみると、

・時間的自由生活を手にしている人
・経済的自由生活を手にしている人

これが一生にコントロールできたらいいですよね。

サラリーマンをされている方だったら
誰もが憧れるテーマだと思います。

僕のようなニート予備軍ですら憧れますから。

これを手に入れる一番のメリットは
強制してなにかをしなければならない状況がほぼなくなるということです。

先程の、ジャパレスで働く日本人のケースでもそうですし、

サラリーマンをされている方であれば

毎朝7時に眠たいなら目を擦りながら起きることも
家族が寝ている中静かに服を着ることも

乗りたくもない満員電車に乗り
電車の中でも目の前のサラリーマンに気を使うことも

出社したら、上司、クライアント顔色を伺うことも

ランチの休憩時間に
他の会社のサラリーマンが並ぶ列に並ぶことも

上司、同僚が仕事してるからと気を使って
サービス残業をすることも

やっと帰れると思ったら
上司に誘われ行きたくもない飲み会に行くことも

全部、ぜーんぶ、してなくてよくなるわけです。笑

やばい!したことないけど、
考えただけで、気持ちいいですね ^ ^ 笑

仮に独立して自営業になっても
雑用から営業全て自分がすることになり

自分の時間は増えることはありません。

「こんなはずじゃなかった。。」

莫大な借金を抱えるかもしれない。

日々、責任がある仕事に精神はすり減らしながら
尻を叩かれ馬車うまのように働く。

これなら、サラリーマンのほうがマシかと

サラリーマンに戻る

負の無限ループです。

こうならない為の助言を僕がしていきたいと思います。

僕は、
年収2億円以上稼がれている方とお会いしたり
どのようにビジネスを構築しているのか学んできました。

もちろん、偏った
インターネットビジネスの世界だけでなく

不動産で資産10億所有している社長さん
一部大手企業の経理をされている方
投資家でキャシュで10億持っておられる方(2人)

ネットビジネスで年収1億円程度稼がれた方なら5人交流をしました。

僕が側近として一年間付き添い
一緒にご飯を食べ
一緒にお風呂に入り
一緒に寝る

と彼女以上に同じ時間を共有した方は

20歳にして年収1億円程度稼ぎ
現在は23歳IT企業の経営者で年商10億円以上です。

僕が、この方の所で学ぼうと思ったのは
バカだったからです。
当時、彼は22歳だったのですが、
お世辞にも賢い方ではありませんでした。

しかし、稼いでる。なぜだ。??

当時も、年収2億円以上のマーケッターから学びながら
1人で本気でネットビジネスを取り組んでいたのに
自分が求める成果がみられませんでした。

なぜ、彼はこれほど、稼げたんだろう。
それが知りたくなり。

飛び込みで、その方の事務所に伺ったのが全てのキッカケです。

そこでどういう思考行動をしているのか
間近で一番近いところで見続けることが出来ました。

これは恐ろしいほど価値のあることです。

成功者の考え方、行動、人間関係、お金の使い方、生き方
全てをみることが出来たわけですから。

そこで側近という立場を利用して
上記の凄い方とも交流がもてたわけです。

正直、情報を受け取る側にいるだけでは
わからないアングラなこと
表に出ていないことまで知れたわけです。

この経験を、このサイトを通して
あなたにお伝えしていこうと思っているわけです。

自由なお金持ち

僕も正直バカですが、
少し先を走っている先輩という立場からお話出来たらなあと思います。

お互いに頑張りましょう♪

よろしくお願いします^ ^

PS,
あなたが考える自由なお金持ちってどんなイメージですか?
コメントで教えてくれたら嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

村崎司(ムラサキツカサ)

AhwUkn-V

私のことを知りたいかたはこちら

ムラサキの道ノリ

「ぽち。」と

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いい記事書いてんじゃん!と感じていただけたら 「ぽち。」とクリックお願いします。

つぶやき

オリジナル商品

スクリーンショット 2016-01-25 15.37.24

アダ◯トアフィリエイトはこちらで説明してます。