8ヶ月の海外移住で学んだこと

この記事は4分で読めます

いやーむし暑いですね!日本は!

。。。。

帰ってきました。日本に。

8ヶ月ぶりの日本です!

まだ実感が湧いてないし、

どこに住むかも決まってない状態ですが。笑

今回の海外移住は8ヶ月間

ワーキングホリデービザを活用して行っていました。

行く前はノリで

実際、3ヶ月も居ないだろうな。とも思ってました。

日本大好きですし。笑

で、なんかかんや

気に入っちゃて、長い期間住んでました。

今回の経験で

最も大きく変化した2点あって

それについて話していきたいと思います。

目次

=======================

1.人生の生き方の選択肢の幅が広がった

2. 日本を中心に考えなくなった。世界の中の日本

=======================

1.人生の生き方の選択肢の幅が広がった

最も変化したと感じる所は

一生、オーストラリアに住んでもいいな。と思ったことです。

永住権を真剣に狙ってもいいと思えることですね。

今までも、海外に旅行で

日本との違い

日本の便利さ

素晴らしさは前々からわかっていました。

でも、

長期で滞在して

しかも、

ゴールドコースト(リゾート地)での生活

メルボルン(世界で1位の住んでみたい都市)での生活

で、日本より、

こっちのほうが素晴らしい所も肌で実感しました。

やはり、長期で住むと文化がわかって

面白いです。

今となっては、旅行と移住は全く別ものです。

例えば

旅行に行ったら

その国のご飯が食べたいと思うものだと思いますが

イギリスってご飯がマズイで有名じゃないですか。

メルボルンもそうで、

メシがマズイんですよ!

(コーヒーは世界一 うまい!!)

でも実際、

日本で食べる日本食のレベルは

どこの海外の地域に行っても食べれたことなんてないです。

自炊して生活したほうが満足度が高いので

外食しないですし、

外食は、中国料理、ステーキならほぼ一緒です。

物価も高いですし。

これが住んでる多くの日本人たちの意見

自分の生まれた県の

世界遺産や名物に興味がないように

旅行だから利用するサービス

移住だから利用するサービス

で、全然違うんですよね。

あとは、あれだ。

日本では会ったことのないような

ファンキーな日本人に多く会えました!

日本では僕も

海外旅行に行っているほうだったんですが、

こっちに来て

「やっぱ。みんな行ってんな-」

て、思いますね。

僕で、7カ国、9都市なんですが(オーストラリア抜き)

世界一周して25カ国行った人

アジアのマリファナ巡りをした人

アジアを中心に世界の海でスキューバダイビングした人

サーフィン好きでゴールドコーストで住んでる人(多数)

学校以外では日本で生活したことない純血日本人(行った国は本人もよくわかってない)

僕から見ても???てなる人達の話は

すげー面白かったです。

やっぱり、こうゆう人に話を聞くと

どんどん知らない世界がわかって

どんどん色んなものに興味が湧いてやばいですね。

特に何かを目的に世界を巡るってのはおもしれーなーと思いました。

他にも

オーストラリアの大学卒業して就職してる人(多数)

オーストラリアで会社経営をしてる人(多数)

永住権を取得している人(多数)

仕送り生活の超絶セレブ妻たち(ハワイに移住経験者多数)

日系オーストラリア人(見た目は日本人だが、オーストラリアで生まれ育った)

とも関わり、

海外にいる日本人のことはかなり知ることができました。

みんな考え方が柔軟です。人生を楽しんでますね。

好き勝手やってますから。笑

一方で、

日本から出たこともなくて

働きアリのように

真面目に

毎日、満員電車で通勤して

誰でもできる仕事を

汗をかき

会社を終わりに同僚とキンキンに冷えた酒を飲む

愚痴をこぼして

ストレスを発散するような

サラリーマン

人生は人それぞれ

どれが正解なんてない。

だけど、

僕はこんなサラリーマンには死んでもなりたくないです。

せっかくの一回きりの人生は

出来る限り、やりたいことをして生きたいですね。

2. 日本を中心に考えなくなった

■英語

■ドル($)

で生活することによって

基準が、世界視点になれました。

■英語

初めは多くの日本人と絡んでましたが、

新しいもっと面白い世界に行きたいなり

日本人とは仕事以外では一切関わらない生活を

3ヶ月ほどしてましてた。

これが、もう面白いこと面白いこと

やっぱ、全てが新鮮で

外国人の発言1つ1つに気づきがあるわけです。

1つ言うなら

ヨーロッパ人の中でも

イギリス人は特別なんだというのもわかったこと。

ぼくがオーストラリアで英語圏にいることも

あると思いますが、

当然、外国人同士での会話は英語になるわけです。

そのなかでのイギリス人の存在感は半端ないですね!

母国語は、凄いです。

英語の表現もそうですが、

なんかカッコイイですね。

まず、イギリス人って出身地聞かれてイギリスって言わないんですよね。笑

イングランドっていうわけです。

そして全員理解できる知名度。すごいですよ。

やっぱ歴史を世界が学んでる証拠ですから!

英語がベースの世界

ーーーーーーーーー

そこから、コミュニケーションを学んでいくわけで。

僕みたいに、日本語で、いうところの

幼稚園レベルの語学力では、色々限界があります。(泣

世界のアーティスト、世界のお金持ちは全て英語を使った仕事をしてますよね。

それほど、英語の影響力はやっぱり凄いと実感します。

まー日本は日本語を使った歌でメシが食べれるほど

内需があるのが凄いんですが。

他の国では、あり得ないらしいですから。

■ドル($)

ドル($)に慣れることができたのは大きかったです。

日本円は日本でしか使わない通貨

現地でドルを稼ぎ、ドルを使う

海外の口座を作り、資産の分配をやるきっかけにもなりました。

最初びっくりしたんですが、

オーストラリアの

ANZ銀行の定期預金の利息は5%なんですよ!笑

日本のバブルの頃と同じですよ。笑

そして、オンラインで自由に

普通預金、オンライン預金、定期預金と

振り分けることができます。

個人の利益だけを考えたら

日本の銀行よりANZ銀行に預金したほうが

得ですよね。笑

日本では日本の銀行に預金が

まだまだ普通です。

この理由になっているのも

英語とドルへの慣れなんじゃないのかな。と思ってます。

数十億円の資産を持ってる

投資家の方の言っていましたが、

「一万使った。ではなく、一万円使ったと言うべき」

「必ず通貨を付けるべき」

と、

この意味が住んでみた僕には

理解できます。

オーストラリアに住んでると

「100使った」て、いって

ドルを付けないんですよね。

その住んでる地域が世界の中心になる。

でも、

必ず通貨を付けることによって 、

世界通貨の中の日本円という視点が芽生えました。

会話もややこしいですしね。笑

正直、たった8ヶ月の移住生活だし

今となっては、

やり足りないことだらけですが

この歳で初めてのことだらけの海外生活は最高にオモロかったですね♪

学びも多かったです。

あなたも興味のあることはどんどんやってきましょう!

どうせ後悔するなら

やって後悔したいですからね🎶

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

AhwUkn-V

「ぽち。」と

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いい記事書いてんじゃん!と感じていただけたら 「ぽち。」とクリックお願いします。
アダ◯トアフィリエイトはこちらで説明してます。