人間は寝なくても死なない!睡眠の常識崩壊

この記事は2分で読めます

こんにちは、ムラサキです。

今日も寒いですね〜w

『睡眠』について考えていきたいと思います。

ぼく自身、勉強中の身なので
“一緒に”考えていけたらな。と思います。

『睡眠』について
考えたことがない!て方は
日本中、世界中探してもいないと、思います。

人間の三大欲求の1つ『睡眠』
毎日、行わないといけないものというのが常識で

1日の多くの時間を、そこに投資します。

ぼく自身、睡眠をコントロールできる方法はないのか。

と、18歳頃から考え始めてました。

レム睡眠、ノンレム睡眠が90分ずつ行われていること
レム睡眠に夢をみること。

22時から2時までが睡眠のゴールデンタイム。

90分周期でレム睡眠の時が起きやすい。

色んな情報を調べました。

そんな時、
面白い独自の睡眠論をもっている方と出会いました。

その方は

『人間は寝なくても死なない』

と断言する方で、僕自身、
当時、
「やべーこといってるひとがいる!」
と初めてセミナーに
参加したことを思えています。

HP

初めて会った頃は
HPすらなく
ただ
『睡眠しなくても人間は死なない』

3時間睡眠で最高のパフォーマンスができるようになる

という怪しい感じでした。笑

行ってみたら面白すぎる内容でした。

そこで堀さんが語っていたことは
僕の常識を破壊するものばかりでした!

「人間は寝なくても死なない」

「睡眠は体の回復させる。と証明できた睡眠学者はいない」

「ぼくは45分の睡眠で大丈夫です^^」

「大学の教授と話してるだけで勝手に論破してる」

なんか凄くないですか?笑
これを一個ずつ説明されていくセミナーでした。

一個ずつ説明してこうかな。笑

「人間は寝なくても死なない」論

人間は寝ないと強制シャットダウンは行われる
あなたも眠いとガクッと意識を失って倒れそうになったことは
ないでしょうか?それみたいです。笑

次w

「睡眠は体の回復させる。と証明できた睡眠学者はいない」

衝撃的な内容ですよね。笑
堀さんいわく、
睡眠が回復するものとするなら、
なんで筋肉痛は寝ずに半日たっただけでなったりするんだろう。
これは、回復してる証拠じゃないのか?
睡眠が体を回復させるものなら
どうして、寝すぎると体が怠いのか。
おじいちゃん、おばあちゃんは多く寝ることができないのか。
これは睡眠に体力を使っている証拠なんじゃないの?
この世の職業で睡眠時間が一番長い職業を知っているだろうか。
それは、ニートだ。彼らは平均で1日12時間寝る。
回復という概念なら彼らは
こんなに寝ずにゲームをしているのではないだろうか?

とかね。

あーあと。
面白いな〜と思ったのは

レム睡眠の時じゃないと起きづらいっていうけど
僕たち元々、動物なんだから寝る時間決まってたらヤバい

睡眠をしない動物は
わたり鳥 と イルカ で わたり鳥 は正確には一瞬寝ている
イルカ に関しては人間が研究しても未だに謎が解けない

とか

常識ってなに?

と考えさせられる面白いセミナーでした。

この後、

セミナー後に挨拶して
仲良くなってメシ2人で行ったりして

いろんな話しを聞かせていただきました。

江戸時代のころの方が睡眠時間長くて
どんどん短くなっているのに
日本人の身長は高くなっている。

とかね^^

睡眠雑学勉強してるわけです。

それは今も変わりません。

人生の大半を占める「睡眠」。

これを完璧にコントロールしたら、、と

考えるとワクワクしてきませんか?

一緒にスーパーサイヤ人になりましょう!笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

村崎司(ムラサキツカサ)

AhwUkn-V

私のことを知りたいかたはこちら

ムラサキの道ノリ

「ぽち。」と

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いい記事書いてんじゃん!と感じていただけたら 「ぽち。」とクリックお願いします。

つぶやき

オリジナル商品

スクリーンショット 2016-01-25 15.37.24

アダ◯トアフィリエイトはこちらで説明してます。