マリファナを通して世界を旅するヒッピーたちの実態

この記事は4分で読めます

こんにちは、ムラサキです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
■海外旅行経歴
韓国(ソール)、カナダ(トロント)、アメリカ(N.Y、LA、グランドキャニオン)、タイ(バンコク)、フィリピン(マニラ)、フランス(パリ)、イギリス(ロンドン)、オーストラリア(ゴールドコースト、ケアンズ、メルボルン、シドニー)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日はアングラなテーマについて

マリファナと旅について

ぼくは昔すこしやんちゃだったこともあり
シ◯ナー、ハー◯と日本でやってみたことがあります。

 

数回程度ですが、
興味本位で依存してないひととやりました。
日本だとやっぱり
やんちゃな文化として

 

ヤンキーぶってる感じで
やった感じ一度やればもうやる価値はないと思います。

 

リスクを考えれば
法律を犯すことは絶対にダメですしね。
日本にいたときも
マリファナ(大麻やガンジャともいう)をやってるやつが

おれはタバコより体にいいんだよ。

 

と話していて何いってんだ。

法犯してる時点でだめだろ。

 

と一括して壁をつくっていました。

 

しかし
オーストラリアにきて
ガンジャ(こう読んでたのでこれで話します)
は、本当に身近なものになりました。
ポンプのお店が普通にあるし
クラブで吸ってるひともいる

 

〜 ~ ~ ~ ~ ~

ガンジャの一般的なな吸い方

ジョイント(巻きたばこ状ですうもの)
ポンプ(容器で一気に吸うもの)

~ ~ ~ ~ ~ ~

 

日本の未成年がタバコを吸う感覚

スクリーンショット 2016-03-28 14.42.17

(ジョイント)

 

オーストラリアは日本で売られてるような

タバコは2000円ちかくするので

巻きたばこで吸うのが一般的

 

だから見ためではわかりません。
(見つかれば退場ですが。)

 

オーストラリアは法律上ガンジャは禁止ですが

 

5年以内に合法になる話しが有力で
実際に厳しさは日本でいうところの

 

 

未成年がタバコを吸ってる感覚ですね。


酒でのコミュニケーションが混ざった感じ

 

 

ぼくは英語が全く話せなかったんですが

 

メルボルンにいたころ

イングランド人、ブラジル人、イタリア人と
ドライブに一緒にいって世界一小さいペンギンを見に行ったり
クラブに行ったりして遊ぶほど仲良くなれた理由は

 

間違いなく

ガンジャの力

画像

 

これがなければ100%無理でした。
英語は実践をしないと耳が慣れませんし
なまりや表現があるので
それは場でした磨かれません。

 

でも英語がうまくできてないのに
関われる機会ってほんとにないんですよね。

 

でも、ガンジャという輪にはいることによって
それは解決しました。
ガンジャはジョイントにして
丸い輪になり
一本を回して吸ったりするのが多いです。

 

そこでゆったり話したり
音楽を聴いたり
ごはんを楽しみます。

 

そこにアルコールのような喧嘩はないし
暴れるやつなんて聞いたことないです。

 

自然や音楽を楽しめたのは
ガンジャがあったから
旅のなかでガンジャの輪で
知らない家にいって
メシを食べたり
まさに放浪の旅をしていたのも
ガンジャ好きなのか!

 

うちでやろうぜ!という暗黙の世界があって成り立ってました。

 

画像

海外でマリファナを吸ってるのが見つかったらどうなるの?

ちなみに場合によりますが
海外で吸うのが見つかると
所持していたということで日本の自分の部屋に
捜索が入るらしいですね。
(捕まりはしないみたいですが)

 

あとは現地の国のルールですね。

 

旅にはマリファナがすぐそばにいた

海外に住んでいると本当に日本人かよ。お前!
て、やつと会ったりします。

一番びっくりしたのは
ガンジャの歴史を学ぶために世界をまわってるという子

 

まわってるっていっても
ゆっくり海をみて食べ、現地のひとと話し

溶け込んでいく

 

感じなんですが、そこには常にガンジャがあるって世界ですね。

その子の部屋には

 

 

「マリファナ青春期旅行」って、バイブス本がありました。
(上と下があります。)


ぼくもこれを読んだり
旅のなかで関わるうちに知らないひとは

したほうがいいと思えるほどになりました。

 

自己責任ですけどね。笑

 

ちなみによく吸ってた日本人グループには
外人グループにも女の子はいましたが

 

そのことしようってふうにはならないので
女の子も相手を選んで試みてもいいと思います。

 

日本で酒を飲むグループで
女の子がいたら

 

やんちゃな連中は
気持ち悪いノリで変なことをしますが
ガンジャはピース文化があるので

 

強引にそういうことをするひとは
少ないと思います。

 

まー色んな感覚が敏感になるので

男女2人でしたら。。。です。

ぼくは依存は全く無いし

日本でする気もないです

 

海外でするならガッツリ合法のとこに
今度は行きたいなという気持ちがあります。

 

画像

 

 

〜 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
■マリファナと日本の法律

無綿栽培/所持/譲渡/ が違法で
現行犯逮捕が基本です。

参考データ

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

 

こういう話しをして
たぶん一定数のかたは
ぼくのことは軽蔑したり
社会的に抹殺をかかろうとするひともいるかもしれませんが

 

そんなことを抜きにしても

伝えたほうがいいと思う

旅、海外の魅力の1つなのでお話しました。

 

 

こんなぶっとんだお話しが

できるのも

 

ペンネーム(ハングルネーム)

だからこそ。

 

こういう際どい話しもしたいから

顔を隠してるのもありますね。

 

 

ちなみに

マリファナが合法は国々

===============
■合法な国

アメリカ(ワシントン州、コロンド州)
ベルギー
ポルトガル
スペイン
チェコ
ウルグアイ
ドイツ(ベルリン(のみ))
スイス

===============

 

です。
国で認めれてなくても
警察が黙認してたり賄賂払ったら解決する国は多くあって

アジアは結構そういうとこあります。
一番、人気なのは
インドですね。

 

オーストラリアで出会ったおーじーのヒッピーも
100回以上インド行ってるっていうひともいましたし

 

タイは独自のポンプ文化が盛んです。

 

ぼくはオーストラリアは
ケアンズ〜シドニーまでまわったんですが

 

北にいくほど堂々と吸ってるひとが印象ですね。

外国人だからって全員が全員吸うわけではないですが

吸ってるひとが多く

また罪の意識が低いですね。

 

ていっても

みんな吸うわけでもなく、、

ぼくのシェアメイトはアメリカ人でしたが

タバコもガンジャも大っ嫌いの子でしたしね。

 

まー興味があるかたは

リスクを調べて現地の友達とジョイトしてみてください(^^)

 

 

PS.
「マリファナ青春期旅行」を読んだかたは
感想を教えてくれると嬉しいです。
すごく読みごたえありますよ。(^^)

 

 

 

ではまた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

村崎司(ムラサキツカサ)

AhwUkn-V

私のことを知りたいかたはこちら

ムラサキの道ノリ

「ぽち。」と

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いい記事書いてんじゃん!と感じていただけたら 「ぽち。」とクリックお願いします。

つぶやき

オリジナル商品

スクリーンショット 2016-01-25 15.37.24

アダ◯トアフィリエイトはこちらで説明してます。