ワーホリに来たのに日本人で溜まってしまう現実

この記事は2分で読めます

メルボルンからシドニーに国内旅行です。

ここ2ヶ月、旅行してなかったので
楽しみですね。日本人の友達と久々に会うし。(^^)

本日はテーマ

=================

■環境の重要性について

=================

せっかく海外にいるんだから
英語の勉強をしてこうと思ってるんですが。

例)英語勉強

僕は今でこそ、外国人の友達と囲まれ、
嫌でも英語を使う環境にいて

友達の台湾人が日本語に興味があるらしく
僕に「how to say」「how to say」(なんていうの?)と
めっちゃ聞いてきて
その過程で日本語を教えながら英語を教えてもらう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
びっくりするほど、
僕達が日本で勉強してきた英語は
日本英語なんだな。と実感する毎日です。
ーーーー
(知ってる単語も発音の問題で理解されない)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そこで勉強したこと、覚えたことを
イギリス人の友達に使ってみる 。

という、好循環なサイクルの中にいますが、

僕がゴールドコーストに住んでいた時は
一日5分も英語を使っていない生活をしてました!

そんなことできるの?って

〇〇さんは、思われそうですが
おそらく、ハワイやゴールドコーストなど、

日本人の多くが移住している地域では
日本人向けのサービスが発達しており

部屋は日本人、
仕事も日本人、

とできてしまうわけです。
英語を使うのは買い物の時スタッフと話す程度〜

まー英語勉強を考えなければ
こんなに楽な環境もないわけですけどね。

ただ、リゾート地を快適に生活してるわけですから

でも、英語を勉強したいって
感じて始めていた僕としては

環境を変えたほうがいいな。と思ったわけです。

で、今はこの好循環に身を置いてます。

人が変わるには
変わらなければならない環境を作り出すこと

が、最も重要なんですよ!

自分の意識だけで
自分をコントロールできるのが理想です。

そこから習慣にしてってのが

でも、こうやって無理やり習慣にしちゃうことも出来るわけです。

実際、僕がゴールドコーストで、
英語の勉強をしたくて伸びてる子は

家を日本人オーナーじゃないとこにして
日本人がいない環境
外国人と話さなければならない環境を作り出した人が伸びてますよ。

あなたが今なにか伸ばしたいスキルがあるのであれば
やっぱり環境から変えてしまうのが

手っ取り早く、その伸びるでしょうね。

まずは、このことに時間を使える環境を作る意識をしてみては
どうですかね。

■環境の重要性でした

ではまた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

村崎司(ムラサキツカサ)

AhwUkn-V

私のことを知りたいかたはこちら

ムラサキの道ノリ

「ぽち。」と

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
いい記事書いてんじゃん!と感じていただけたら 「ぽち。」とクリックお願いします。

つぶやき

オリジナル商品

スクリーンショット 2016-01-25 15.37.24

アダ◯トアフィリエイトはこちらで説明してます。